会社概要

プレス(抜き)加工機


プレス(抜き)加工機
プレス(抜き)加工機は専用刃で抜き材(プラダンシートや緩衝材)を型抜きする加工機です。
型抜き用の刃はベニヤの合板に埋め込まれており、木型と呼ばれています。 刃の埋め込み方の形を変える事により抜き材を自由な形に抜くことが可能です。
当社では高速・大型・高圧と3種3台のプレス機を所有しています。
抜き加工についてのお問合せはこちら

当社所有のプレス加工機の特徴

プレス加工機
プレス1号機
硬いプラダンシートにしっかりと罫線が入るようにカスタマイズしたプレス機です。
自動給紙、自動排紙可能であり、高速加工が可能です。プレス1号機は自動給紙・自動排紙が可能なため、加工効率が良い高速機です。
  • 最大加工サイズ / 1380x1000(mm)
  • 最大加工厚 / t7(mm)
  • 最大加工圧 / 350 t
プレス加工機
プレス2号機
最大級の大きさを持つプレス加工機であり、箱の展開図も抜くことが可能です。またテーブル移動型なので、様々な厚みの素材を加工できます。
  • 最大加工サイズ:1980x1480 (mm)
  • 最大加工厚:t40(mm)
  • 最大加工圧:400t
プレス加工機
プレス3号機
高圧のプレス加工機です。450tと高いプレス圧を持つため、低発泡の硬い樹脂材の抜き加工も可能です。2号機と同じく、テーブル移動式のプレス加工機のため、薄い素材から、硬く、厚い素材まで多様な製品を抜くことができます。
  • 最大加工サイズ:1450x1260(mm)
  • 最大加工厚:t40(mm)
  • 最大加工圧:450t

こんな商品をつくりました!

before after

ディスプレイ
星型抜き加工/プラダンシート

リール用スペーサー
円形抜き加工/厚物プラダン(スミセラー)

before after

C式ケース展開図
抜き・罫線入れ加工/発泡PP(スミセラー

梱包用シート
円形抜き加工/クラフト紙


プレスは私達が担当します!

担当
1mmの緩衝材を1ヶ月で20万枚抜くなど、豊富な経験が蓄積されています
弊社には仕切りをはじめとした複雑な抜き加工から何十万枚にも及ぶ大ロットの抜き加工まで多彩な抜き加工の経験と実績があります。例えば、D社様の案件では1mmの緩衝材を1ヶ月で20万枚抜かせて頂きました。多くのお客様のご要望をお聞きする中で、バリや白化の少ない抜き方法や硬い樹脂にも適切に罫線入れる方法など様々な事を追求してきました。これまでの経験を活かしながら、更なるご要望にお応えする事で、プレス加工の可能性を追求していきたいと考えています。
担当
21年の抜き加工経験を活かしてお客様のご要望にお応えします

私は紙段ボールからプラダンまで21年間抜き加工を担当してきました。樹脂製のプラダンシートの抜きの場合、気温によってシートの状態が大きく変わります。そのため、同じ案件であっても、シートを送るスピードや刃の圧力を微妙に調整する必要があります。長年の経験を活かし様々なお客様のご要望にお応えしたいと思います。
担当
ただ抜くのではなく、お客様に満足して頂ける製品を提供できるプレス担当に
プレス加工ではお客様の思いをくんだ加工をできるよう心がけています。お客様がどのくらいの精度を求めているのか、加工スピードとの兼ね合いはどうするのか…私たち製造部員がお客様に直接お話を伺う事はありませんが、担当営業としっかり打ち合わせする事で少しでもお客様との思いの差を埋めたいと考えています。ただ抜けばいい、木型の刃をつぶさなければいいというのはプレス担当として、当たり前の事です。それ以上に、お客様に満足して頂ける製品を提供できるプレス担当でありたいと考えています。

アクセスマップ詳細

アクセスマップ

【車をご利用の方】
国道24号線 山城大橋東詰から東へ約20分

【バスをご利用の方】
近鉄「新田辺駅」からバス62系統 「緑苑坂」下車徒歩約5分