プラダンケース

プラダンケースA式 続き蓋タイプ

プラダンケースA式 続き蓋タイプとは

紙ダンボールで言うところのB式に近い形式になります。
標準タイプよりも若干強度は落ちますが、蓋が側面と一体化しているため間口が大きくすることができ、内容物の出し入れが行い易くなります。
底面はテープ止めが必要です。標準タイプに比べ、展開寸法が大きくなります。

プラダンA式 続き蓋タイプ

この形状が良い場合

  • 出し入れを頻繁にする場合
  • 使わないときは折りたたんでおきたい場合
  • キャラメル箱型の紙ダンボールからの切り替えをご検討されている場合

プラダンA式のその他の形状も検討する(プラダンA式トップに戻る)
別の形式も検討する(形式・形状の選び方に戻る)

類似形状と比較する

ケースの色について


下記の11色からお選びいただけます。(厚みによっては対応できない色もございます)
半透明 グレ
水色 オレンジ 黄色 ベージュ

製作事例と参考価格


標準タイプ

標準的な続き蓋タイプのプラダンA式です。
蓋は外側につきます。

参考価格はあくまで参考の価格です。ご注文数量や形式・形状・サイズ・色・使用する部材など、様々な条件によって価格は変動しますので、是非一度お問合せ下さい。

ダンプラ お見積もり

 

取り付け可能オプション(機能アップ)

マジックテープ
マジックテープ
天面に取り付けます。封緘時の作業の手間を省くことができます。
ただし、あくまで仮止めですので、宅配便で送る場合はベルトもつけるようにしてください。
ベルト
ベルト
箱の周囲をベルトで巻くことができます。ベルトをつけることで、テープを使わずとめることが可能です。
強度面の補強もかねることができます。ベルトは箱に固定します。
ただし、畳んだ際にやや邪魔になることがあります。
取っ手
取っ手
穴取っ手・袋取っ手を取り付け可能です。
穴取っ手はやや重量物をいれる場合に力が入りやすく、袋取っ手は内部にゴミの侵入を防ぐことができます。
袋取っ手はやや出っ張るため、畳んだ状態で積み上げると荷崩れすることがあります。
畳んで立てて保管する場合は問題ありませんが、出っ張り部分がこすれることで互いのケースの表面を傷つけることがあります。
カード差し
カード差し
エンボスシール
天面または側面につけます。送り状をはがす際に糊残りを防ぐことができます。
カード差しは水にぬれるのを防ぐことができます。
宅配便で発送することを前提としている場合はどちらかを選択するのがおすすめです。
仕切り
仕切り
仕切りを入れることもできます。ただし、畳んだ際は本体と仕切りは別で保管する必要があります。
原則的に格子状の仕切りになります。複雑な仕切り組みをお考えの場合は営業までご相談ください。
シルク印刷
シルク印刷
シルク印刷を入れることができます。社名を入れると紛失・盗難防止・宣伝効果があります。
割れ物注意などのケアマークを入れることもできます。

限界寸法・設計上の注意事項

  • 長さ・幅共に120サイズ以下はリベッターが打てなくなるため製作できません。
  • 正方形の箱は難しいため、長さ・幅で10mm以上の差をつけて下さい。
※上記以外のご質問は「よくあるご質問」をご覧ください。

コストダウンシミュレーター

入力例・使い方

  • 箱単価
  • 円/回
  • 個数
  • 発注費
  • 円/回
  • 保管費
  • 円/回
  • 封緘費
  • 円/回
  • 処分費
  • 円/回
  • 使用数
  • 【紙段ボールの場合】
    • 総額
    • 一回あたり
  • 【プラダンの場合】
    • 総額
    • 一回あたり
PDF資料