プラダンケース

プラダンコンテナ 羽蓋片面打付けタイプ

プラダンコンテナ 羽蓋片面打付けタイプとは

蓋の紛失を防止する片面固定タイプです。
蓋の片面が固定されているため、蓋を閉める際ずれることがなく、 スムーズな開閉が可能になります。
また、片面に鍵を取り付けることでセキュリティー性が向上した ケースにもなります。

プラダンコンテナ 羽蓋片面打付けタイプ

こんなときは羽蓋コンテナ片面打付タイプをお求めください。

  • 重量物を入れる場合(30kg以上ほど)
  • 段積みを行って輸送・保管される時(推奨耐荷重100kg)
  • 1辺の長さが1000mm以上ある場合。
  • 蓋がケースに固定されているほうが良い場合。
  • ケースに鍵の取り付けを希望される場合。

次の場合は違う形状をおすすめします!

お求めの際のご注意点

  • 羽蓋片面打付タイプはマジックテープ標準取付となっております。
  • ケースの高さ(特に低すぎる場合)により、お作りできない場合がございます。
    詳しくは営業担当者にご相談ください。

納品事例

■オプション
ベルト・緩衝材・袋取手
■使用目的
内容物が複数種類あり、輸送中に内容物が移動することを防ぐため、 ケース内部にC式トレーが2つ入るように設計し、 大きい物はケース本体に、小さい物はトレー内に分けて入れることが可能です。
■オプション
ベルト・緩衝材・袋取手・金屬角当て・エンボスシール
■使用目的
液晶モニターを収納し、路線便で各イベント会場間を運搬するためのケースです。 モニターが壊れないように内部には緩衝材をとりつけ、 移動中にモニターがぐらつかないようにしております。 また、繰り返し使用すると送り状の跡が汚くなるということでしたので、 エンボスシールを蓋にとりつけ、糊残りしないようにしております。
■オプション
ベルト・緩衝材・袋取手・金屬プレート
■使用目的
ノートパソコン2台収納・運搬するためのケースです。 運搬中のセキュリティー向上のために南京錠を取り付けるための金属プレートを取り付け、 ベルト+鍵の封緘を行なっております。 また、ノートパソコン同士の間には軟質ウレタンを挟み、お互いに傷がつかないように配慮しております。
■オプション
ベルト・エンボスシール
■使用目的
路線便で照明備品を運搬するために作られたケースです。 天面にエンボスシールを取り付けているので、 送り状を剥がした際に糊残りがせず、何度でも送り状を貼ることが可能です。

お見積もり

従業員コメント

従業員コメント

お客様の中には、「蓋は固定されている物」とお考えの方と、「蓋は別についてくる物」とお考えの方がいらっしゃいます。 幅の短いケースであれば、開口時のスペースがそれほど必要無く、使いやすいケースなのですが、 幅の長い大きいケースの場合、蓋が固定されているため、逆に使いづらくなりことがございます。 そこで、このタイプをご案内するときは、 弊社とお客様の間の認識のずれを無くし、本当に使いやすい形状をイメージしていただくために、 他のケースタイプよりも詳細にご案内しております。

従業員コメント

この形状のメリットはやはり『身と蓋が分離しない』こと『蓋の紛失が無い』ということです。 特に、工場での作業中等では、パーツ類の紛失が多く、お困りのお客様が多いです。 そのため、蓋を身に取り付け・固定することにより、蓋単体の紛失を防ぐことができ、 お客様からご好評を頂いております。

従業員コメント

ケースに蓋を固定する時に、蓋の位置がずれてしまうと、 打ち付け側にずれると、蓋を開閉する時に、打ち付け側の蓋がリブにあたり、スムーズな開け閉めができなくなってしまいます。 また、逆に開口側にずれすぎると、蓋がしっかりと閉まらず、すきまが発生してしまいます。 そのため、打ち付け時・打ち付け後は 何度も確認をし、スムーズな開閉が行えるようにしております。        

※上記以外のご質問は「よくあるご質問」をご覧ください。

コストダウンシミュレーター

入力例・使い方

  • 箱単価
  • 円/回
  • 個数
  • 発注費
  • 円/回
  • 保管費
  • 円/回
  • 封緘費
  • 円/回
  • 処分費
  • 円/回
  • 使用数
  • 【紙段ボールの場合】
    • 総額
    • 一回あたり
  • 【プラダンの場合】
    • 総額
    • 一回あたり