プラダンケース

羽蓋プラダンコンテナ

羽蓋プラダンコンテナとは

リブ付き標準コンテナタイプに羽蓋を取り付けたケースで、 シンプルな蓋の形状により、ヤマコーでは一番人気のある商品です。 主に長面側にマジックテープを取り付け、 身と蓋を固定するタイプの形状になります。 収納時は蓋がついているのでホコリなどの侵入を防ぎ、 オプションのベルトを取り付ければ、宅配便で発送することも可能です。 また、内容物を出し入れする際は、蓋が身から取り外せるので、 開口部が広く使いやすい形状となっております。
羽蓋コンテナ

こんなときは羽蓋プラダンコンテナタイプをお求めください。

  • 重量物を入れる場合(30kg以上ほど)
  • 段積みを行って輸送・保管される時(推奨耐荷重100kg)
  • 1辺の長さが1000mm以上ある場合。

次の場合は違う形状をおすすめします!

お求めの際のご注意点

  • 羽蓋コンテナタイプはマジックテープ標準取付となっております。

ケースの色について


下記の11色からお選びいただけます。(厚みによっては対応できない色もございます)
半透明 グレ
水色 オレンジ 黄色 ベージュ

納品事例

■オプション
ベルト・緩衝材・カードケース・印刷・ベルト取手
■使用目的
医療機器の自社保管用と通い箱として製作しました。 天面には送り状を貼り付けるためのエンボスシール・側面にはカードケース。 ケース内部には緩衝材を取り付けております。 ベルトも取り付けているので封緘に使用し、宅配便での運送に対応しております。
■オプション
ベルト・緩衝材・仕切り・袋取手
■使用目的
展示会場で使用するパネルスタンドを収納するケースです。 各展示会場間を路線便で運搬するため、ベルトと取り付けし、 運送中にパネルスタンドが動かないように仕切りに固定用の切り込みを入れています。
■オプション
緩衝材・袋取手
■使用目的
ガラス板を収納し、工場間を運搬するためのケースです。 ケース内部には緩衝材をとりつけし、ガラス板の振動を抑えるための工夫がしてあります。
■オプション
穴取手
■使用目的
約20kgの音響機材を収納するケースです。 自社便で運搬されるということでしたので、 オプション類の取り付けを最小限にし、コストダウンを図っております。

お見積もり

従業員コメント

従業員コメント

羽蓋片面打付タイプと羽蓋タイプとの違いは、 片面打付タイプは固定されているので、開閉時に蓋がケースの反対側に広がってしまいます。 特にケースが大きい場合、蓋も大きくなり、固定していると使いづらいことがあります。 そのため、蓋が完全にとりはずせるこちらのタイプをおすすめし、 省スペースでスムーズな出し入れが可能なようにご提案をしております。

従業員コメント

コンテナに取り付ける、フレームとコーナー部材ですが、 アルミ製と樹脂製の2種類あります。 特にアルミフレームは重量のある物や大型(1辺の長さが長い物)で樹脂製フレームだとケースがねじれてしまう時に ケースの強度を上げる目的で使用しております。また、アルミ製と樹脂製では部材の寸法が若干異なるため、 羽蓋がスムーズにとりはずしできるように心がけて設計しております。

従業員コメント

ヤマコーの羽蓋コンテナは、プラダン事業をスタートしてから何度も何度も改良を行っています。 例えば…マジックテープの大きさ、貼付け位置、フラップの寸法、長面にあわせた蓋のピッチ等… 細かい仕様変更を繰り返し、現在の羽蓋コンテナになっております。 長年、積み上げてきたノウハウが羽蓋コンテナにはあります!ぜひご検討ください。        

※上記以外のご質問は「よくあるご質問」をご覧ください。

コストダウンシミュレーター

入力例・使い方

  • 箱単価
  • 円/回
  • 個数
  • 発注費
  • 円/回
  • 保管費
  • 円/回
  • 封緘費
  • 円/回
  • 処分費
  • 円/回
  • 使用数
  • 【紙段ボールの場合】
    • 総額
    • 一回あたり
  • 【プラダンの場合】
    • 総額
    • 一回あたり