プラダンケース

プラダンコンテナ 被せ蓋タイプ

プラダンコンテナ 被せ蓋タイプとは

こちらのタイプは

・リブ無し標準コンテナに被せ蓋をつけたタイプ
・C式被せ蓋にフレームとコーナーを取り付けたタイプ

2種類の説明方法があるように、 C式とコンテナの良いところをそれぞれ組み合わせたケースになります。 開口部を覆うように蓋をするため、コーナーにはリブがつきません。 そのため、高く段積みをされる場合には不向きですが、 2段~3段程度であれば、大丈夫です。
プラダンA式 組み底タイプ

こんなときは被せ蓋コンテナタイプをお求めください。

  • 開口部をしっかりと蓋で覆いたい場合。
  • 重量物を入れる場合(30kg以上ほど)
  • 運搬・保管時は段積みを行わない場合。
  • C式被せ蓋では強度が足りないと感じられる場合。

次の場合は違う形状をおすすめします!

お求めの際のご注意点

  • 高さ60mm以下は取っ手をつけることができません。
  • 路線便での運送を行う際はベルトによる固定を推奨しています。
  • ケースの耐荷重は約100kgを推奨しております。

納品事例

■オプション
ベルト・袋取手
■使用目的
着物を箱ごと収納し、イベント会場等へ運搬するためのケースです。 ケースの強度を重要視されていたため、C式被せ蓋タイプにフレームを取り付けたタイプをご案内しました。 シートを半透明にしたので、中身の有無が容易に判別できます。
■オプション
ベルト・袋取手
■使用目的
大型の業務用スキャナを収納する通い箱として製作いたしました。 800mm x 650mm という大型サイズですが、 蓋を簡単に開け閉めすることができます。
■オプション
ベルト・緩衝材・袋取手
■使用目的
コンテナの通い箱です。箱の中にもベルトがあり、内容物を固定します。 多少サイズの違うものでもしっかりと固定することができます。 蓋にも緩衝材が貼り付けてあるので、内容物をしっかり保護する上、 緩衝材をなくす心配がありません。

お見積もり

従業員コメント

従業員コメント

被せ蓋コンテナタイプは、羽蓋コンテナタイプ等の他のコンテナタイプの蓋と比べると、 被せる分大きくなります。そのため、お客様にはケース外寸のご確認をして頂いております。 また、弊社では蓋の基準は100mmですが、もっと浅いほうが使いやすいのか?それとも底まで被せた方がよいのか? というご提案をお客様とのお話から考えておリます。 最後に、ご希望のお客様皆様にお伝えしているのですが、リブが無いため段積みがずれてしまうということですね。 2段~3段程度であればよいのですが、それ以上の段積みを想定されているお客様については、 しっかりとご確認させていただくようにしております。

従業員コメント

他のコンテナタイプと比べると、蓋がしっかりとしていることもあり、一番高級感の出やすいタイプです。 そのため、イベント関連会社様・セミナー用梱包等、お買い上げ頂いた方がお客様先にご訪問される時に重宝されています。 また、被さり具合を底までにした時(共蓋)、強度が増すので 例えば、スクリーンであったり、蛍光管のような長尺のケースになる場合におすすめしております。

従業員コメント

通常、被せ蓋タイプは身と蓋との間にクリアランスを見ています。 それは、熱を入れる時に内寸が若干異なり、蓋の開閉に影響が出ないためです。 また、お客様からしっかりと蓋が閉まるようにというご希望の場合は、 熱を入れるときに少し鈍角気味にシートを曲げます。 微妙な力加減になってくるのですが、そうすることで蓋の内寸が少し小さくなり、 蓋の開け閉めがしっかり目になります。        

※上記以外のご質問は「よくあるご質問」をご覧ください。

コストダウンシミュレーター

入力例・使い方

  • 箱単価
  • 円/回
  • 個数
  • 発注費
  • 円/回
  • 保管費
  • 円/回
  • 封緘費
  • 円/回
  • 処分費
  • 円/回
  • 使用数
  • 【紙段ボールの場合】
    • 総額
    • 一回あたり
  • 【プラダンの場合】
    • 総額
    • 一回あたり